要旨集 前文

「進化の隣人」と題した本シンポジウムの目的は、われわれ人間にとって進化の隣人と呼べる大型類人猿についての科学的理解を深めることにあります。さらに、科学的に理解するだけでなく、野生での保護活動ならびに飼育下での動物福祉を推進することがその目的です。本シンポジウムは社会に開かれたものであり、どなたでも参加できます。こうしたシンポジウムの実現にあたり全面的なご支援を賜った林原グループ(林原健社長)に深く感謝いたします。「林原フォーラム2001」と「第4回国際サガ・シンポジウム」という両者の性格を兼ねたものとして、このシンポジウムは企画されました。サガ(SAGA)は、「アフリカ・アジアに生きる大型類人猿を支援する集い」の英文名の略称です。1986年、チンパンジー研究者がシカゴに集って、フォーシーズ(CCCC:チンパンジー保護愛護委員会)を結成しました。その精神を受け継いで、対象を大型類人猿に広げ、研究者だけでなく広く一般に参加を呼びかけたものがサガだと言えます。  大型類人猿とは、チンパンジーとボノボとゴリラとオランウータンのことで、進化の隣人といえる存在です。過去数十年にわたってさまざまな研究がなされ多くの証拠が見つかっているのですが、人間と現生の大型類人猿とを隔てている距離は、かつて想像されていたものよりはるかに小さいことがわかっています。野生個体群に関する長期継続研究が進むに連れて、人間と大型類人猿とのあいだに引かれた溝はどんどんと埋まってきました。両者のあいだの相違は、本質的な質的相違ではなく、たんなる量的相違でしかないと言えます。  本シンポジウムには、野生の研究者も実験室の研究者も参加しています。研究者だけではありません。動物園で彼らの飼育に携わる方々、NGOやNPOに属して野生保全や動物福祉の活動を進めている方々、さらにそれ以外の広い分野の方々が参加しています。参加者に共通しているのは、進化的視野にたって人間と大型類人猿を理解しようという点です。こうした参加者のあいだで、さまざまな情報交換を積極的におこなう絶好の機会と言えます。さらに、本シンポジウムは、後述する重要な「行動指針」を普及する一助になると確信します。  最近の人間の諸活動によって、大型類人猿に属するすべての種が存亡の瀬戸際に追い詰められています。いわゆるワシントン条約(CITES)において、大型類人猿はすべて「絶滅の危機に瀕した種」に分類されています。飼育下では、多くの個体が、本来の彼らの暮らしとは隔絶した貧弱な環境で飼育されています。また最悪のばあいとしては、生物医学等の研究施設で実験に供されているものがいます。そしてウイルス病や遺伝子治療の研究のために侵襲的な処置が施されているものもいます。侵襲的研究に大型類人猿を供することについては、厳しい制約が科されるべきです。こうした諸問題を通じて、わたしたちは1998年に「サガ・アジェンダ」と呼ぶ以下の行動指針を掲げました。そして現在に到るまで、上述の状況の改善を求めて不断の活動を継続しています。以下がその行動指針です。


第1に、大型類人猿ならびにその生息地の保全のための活動をおこなう。

第2に、飼育下の大型類人猿の「生活の質(QOL)」を向上させるよう努力する。

第3に、大型類人猿を侵襲的研究の対象とせず、非侵襲的手法による科学研究によってかれらへの理解を深める。


 上記の目標を達成するにあたって用語について定義します。「侵襲的」という用語は、「正常な機能を不可逆的に損なうような処置」を指しています。手短に言えば、非倫理的な処置すなわち人間を対象とした場合に禁止されているような処置は、大型類人猿に対しても禁じられます。この行動指針をもとに、野生における生息域の破壊の進行を阻止し、飼育下における福祉の向上を図り、大型類人猿を侵襲的研究に使用することを禁止したいと考えます。さまざまな背景をもつ広汎な人々が協力してこそ、野生での保全のプログラムを支援したり、飼育下での適切な環境を開発することが可能になるでしょう。本シンポジウムが、21世紀における大型類人猿の暮らしをより良いものにする第一歩になることを切望します。

林原フォーラム2001/SAGA4 組織委員長 松沢哲郎



 

Preface


The purpose of this symposium "Evolutionary neighbors" is to promote scientific understanding of the great apes, our evolutionary neighbors, and to promote wildlife conservation and welfare in captivity. The present symposium is fully open to the public. I express heartful thanks to Mr. Ken Hayashibara, the president of Hayashibara group, for his full support to the symposium. The program is a joint initiative of Hayashibara Forum 2001 and the fourth annual international symposium of SAGA (Support for African/Asian Great Apes). SAGA is a spiritual descendant of the Four C`s (CCCC : the Committee for Care and Conservation of Chimpanzees) founded during a gathering of chimpanzee researchers in Chicago in 1986. The great apes, chimpanzees, bonobos, gorillas, and orangutans, are the evolutionary neighbors of humans. Evidence that has emerged over the past decades from a variety of disciplines has shown that the distance separating the living great apes from humans is smaller than ever before envisaged. Long-term studies of wild populations have irreversibly reduced the man-made gap between apes and ourselves. As a result, most of the observed differences now appear quantitative rather than qualitative in nature. The present symposium is the gathering of both laboratory and field-based scientists, care-takers in zoos, people working in NGO/NPO for conservation and animal welfare, and others, with the common concern of understanding humans and great apes from an evolutionary perspective. In addition to the opportunity to exchange information among participants, we believe that this meeting also makes it possible for us to promote an important agenda. Human activity in the recent past has forced all great ape species to the brink of extinction in the wild. We must bear in mind that all the great ape species are listed as "endangered" in CITES: numbers in the wild are decreasing. In captivity, we should attempt to and succeed in improving the situation under which our closest relatives exist. In some worst cases, individuals are subjected to experiments at biomedical and other research facilities, often involving invasive treatments, for example, in the study of viral diseases and gene therapy. We believe that there need to be serious constraints on the use of great apes in invasive studies. We therefore proposed the following SAGA agenda in 1998 and have made continuous efforts to improve the situations.

First, we shall undertake action for the conservation of the great apes and their natural habitat. Second, we shall endeavor to enhance the quality of life of the great apes in captivity. Third, we shall not use the great apes as subjects in invasive studies, but promote our scientific understanding through non-invasive techniques.

For our purposes, the word non-invasive refers to treatment that causes irreversible deficits of normal function. In short, illegal or non-ethical treatment prohibited in the case of human subjects is to be likewise prohibited in the great apes. Based on this agenda, we hope to halt current trends of habitat destruction in the wild and invasive use of great apes in captivity worldwide. People from various backgrounds need to work together to support wildlife conservation programs and to develop suitable conditions for the life of the great apes in captivity. We hope that this meeting will be a step for creating a better life for the great apes in the 21st century.

Tetsuro Matsuzawa Chair, Hayashibara Forum 2001/SAGA4